メンバー紹介

サービス提供責任者・介護士
武本 雅代(たけもと まさよ)
TAKEMOTO MASAYO

■介護職歴

19年

■看護・介護の道を選ばれたきっかけ

ヘルパー学校で研修を受けたときに、訪問入浴に魅了されました。
利用者様の今までの心身のこわばりがふっとほどけた表情と「ありがとう」のひと言に胸を打たれました。また、どうやって限られたスペースで快適に入浴していただけるか、またどうやって浴槽をスムーズに設置、回収を行うか等の介護士達のたゆまぬ努力と探求心にも感銘してこの道を選びました。

■好きな言葉

「石の上にも三年」
理由:思うようにいかない時に自分を支えてくれ、力を与え続けてくれるからです。

■私、○○なら誰にも負けないんです。

とにかく介護の仕事、特に訪問入浴が大好きなんです。プライベートでホームセンターに買い物に行った時も「これ、お風呂に使えそう!」とアイデアが次から次へポコポコ浮かんできて困ってしまうほどです。本当にこの仕事が好きなんだなと感じる瞬間のひとつです。

■近隣にご家族様が立ち寄れるおすすめの場所はありますか?

自然豊かで、車で約20分のところに猪名川町があり、桜の名所があります。近くにコンビニや24時間オープンのスーパーがありますので、大半のご家族様はそこで買い物をされて、施設内でご自宅のようにゆっくり過ごされます。

■様々な働き方がありますが、なぜナーシングホームを選ばれたのですか?

今まで現場で肌で感じて培ってきた介護の経験を生かしながら、さらに一歩進んだ介護を学び続けたいと思い、医療依存度が高い方のケアをさせていただきたいと強く感じたからです。

■こちらの施設ならではの特徴、取り組みを教えてください。

手洗い、うがい、検温等の感染症対策を十分に行った上で、平日・土日も日中は面会自由となっています。宿泊もしていただけます。手厚いケアをさせていただく施設でありながら、ご自宅のように過ごしていただけるのが最大の特徴です。

■ご入居者様の日々の楽しみについて

ご入居者様の性格、ご体調に合わせて様々なご提案をさせていただきます。
具体的には、集まってワイワイされたい方は談話室にお誘いし、人の気配だけ感じたい方には個室のドアを少し開けておくようにしています。そこからスモールステップを踏んで談話室やお散歩にお誘いするようにしています。

■お一人おひとりに合わせたケアプランの作成のためどんな点に気を配られてますか?

より良いケアプランを作るために、現場で肌で感じたことをどんどんケアマネージャーさんに報告しています。現場の意見を細やかに汲み取ってくださるケアマネージャーさんと密に連携を取っています。

■このお仕事で印象に残っている人、出来事は?

たくさんありますが、特に印象に残っている方がいらっしゃいます。訪問介護をさせていただいた利用者様が搬送先の病院で息を引き取られました。
私はその日は付き添いできなかったのですが、後で他のスタッフから、ほんの一瞬意識を取り戻された時に「武本さんがカレー作って待ってるから、帰らなあかん」と口にされたそうです。何年たった今でも胸がいっぱいになる出来事です。

■定期的な研修・勉強会の内容

申し送りは他細やかな点まで日に何度も何度も行っています。研修については、最近ではケアさせていただく側が常に元気でいる為に、スムーズな移乗介助のやり方を学び直しました。若い世代の介護士さんの方が新しいやり方を知っているので、新しい発見があります。

■入居者様、ご家族様そしてスタッフさんの看取りに対する不安に対するアプローチをお聞かせください。

人間なので、根源的な恐れや不安があるのは当然のことだと思います。
心身の様子やお話された内容から細やかな点まで汲み取るようにし、「その時できること」
をご提案しながら、一緒に具体的な方法を考えていくようにしています。


看護師 
佐々木 恵理香(ささき えりか)
SASAKI ERIKA

■看護職歴

約20年

■看護・介護の道を選ばれたきっかけ

最初は幼稚園と小学校の教師をしていました。ある時、人生の最後の場面に立ち合わせていただける仕事、生きていくために大事なことを学べる仕事に就きたいと思い、看護師の道を選びました。
自分の授かった命、この身体をもってして学び続けることができるからです。

■好きな言葉

「夢・希望・目標」
夢が描けていなかったら生きていく力になっていかない、そして、笑顔。健康で元気でいないと自然と笑顔があふれてこないからです。

■私、○○なら誰にも負けないんです!!

看護させていただく側と入居者様という枠を超えて、24時間ともに暮らしている「家族」と思っています。普段生活している中でも、自然と入居者様とご家族様への気持ちが湧き上がってきます。

■様々な働き方がありますが、なぜナーシングホームを選ばれたのですか?

2交代制と3交代制ではできない心のつながりと手厚い看護を提供できるからです。

■こちらの施設ならではの特徴、取り組みを教えてください。

ご家族様と家族のような関係を築かせていただいているがゆえに可能なことなのですが、医療依存度が高い方でも「その人らしい生活」を叶えられるよう様々なご希望をサポートしています。
例えば流動食を召し上がっていらっしゃる方でも、入居者様好みの柔らかさで味付けされたお食事を持ち込んで、口からお楽しみ程度に召し上がっていただけます。その方の慣れ親しんだ器で、ご家族に囲まれて感じるお味は大きな「生きる力」になることと思います。

また、お医者様の制限がない限りは、水分を積極的に採っていただくようお声がけします。他の医療機関、施設なら1日1000mlを推奨されていますが、それ以上の水分を少しずつこまめに採っていただきます。看護や介護する側の負担が増えることは確かですが、認知症の症状を緩和する効果があり、トイレに行ってしっかり排出していただくことによって、発語が増えて、それがまた「生きる力」につながると考えています。

ご家族の方と家族ような関係と何度か申しておりますが、お忙しいご家族様の生活背景を鑑みて連絡は「適材適所」を押さえるようスタッフ同士で共有しています。

■ご入居者様の日々の楽しみについて

身体的なことに関しましては、週2回、温かいお風呂にしっかり浸かっていただきます。入浴後はみるみる目力が宿ってこられます。また散髪は、近隣の方がご厚意でボランティアで来てくださいますし、最近はスタッフが簡単なカットや毛染めもさせていただきます。入居者様が「かわいくなったかい?」「キレイになった?」と聞いてくださったりして、部屋中に明るい笑い声があふれるひと時もあります。

心理的なことに関しましては、温室のような環境で看護・介護を受けるという受け身の姿勢でなく、自然豊かな豊能の地の四季を享受していただきたいと考えております。春の草花の香り、夏の照り付けるような日差し、吹き抜ける乾いた秋の風、冬のキーンとした空気。それらを五感で感じていただくために長い長いコードを導入して、スタッフ付き添いの元、離床を促していきます。

■新しく関わる人や環境に拒否感やこだわりが強い方にどうアプローチされますか?

例えばいい香りのする乳液を持って行って「いい匂いでしょう?」などと声をかけ、ボディタッチをしたりして、五感を使って心を開いていただけるようにしています。
特にこの施設にいらっしゃる方には「1・2・1・2」といったリハビリよりも、筋肉が衰えていく際の痛みを和らげていくケアをしています。

■お一人おひとりに合わせたケアプランの作成のためどんな点に気を配られてますか?

現場の意見を細やかに汲み取って、入居様にとっての最善のプランを立ててくださるケアマネージャーさんと密に連携を取っています。

■このお仕事で印象に残っている人、出来事は?

私は何百人という方のお看取り、エンジェルケアをさせていただきました。
最も大切にしていることは「最後の呼吸をしっかりと見届ける」ことです。
ご家族様が来られたら、一歩引いて傍にいさせていただきますが、万が一間に合わない場合、最後の最後の瞬間まで声をかけ続け、身体をさすり、手を握ってお見送りさせていただいています。

■定期的な研修・勉強会の内容

日々の申し送りはこまめに行い、些細なことまで共有するようにしています。

■入居者様、ご家族様そしてスタッフさんの看取りに対する不安に対するアプローチをお聞かせください

看護師として長年培った経験から、入居者様がこの先どういう状態になっていかれるかが分かりますので、「この段階できること」を見極めてご家族様に「今できること」をご提案させていただきます。
漠然と不安を募らせるのではなく、思い出作りを段階的にやって行くことで心の準備ができますし、お見送りした後も「もっとこうしていれば良かった」と後悔ばかりされるご家族様に「あの時これだけやってあげれましたね」という言葉をかけることで心の支えにもなると考えています。

【お問い合わせ・ご相談】TEL:072-737-7311